LIVE : live From NAGOYA

ライブポスターイメージライブポスターイメージ

MOVIE

NEWS

日時

2020.08.28(FRI)

超配信LIVE

21:00~22:40

出演者

  • DJ RYOW
  • ZORN
  • R-指定
  • SWAY
  • IO
  • MC TYSON
  • ¥ellow Bucks

価格

    3,000コイン

配信プラットフォーム

Download

App Store

Google Play

チケット購入説明動画


チケット購入へ

ONLINE AFTER PARTY

23:00~24:00

「LIVE:Live」
アルバム購入特典

※アルバム封入イメージ



配信プラットフォーム

Download

App Store

Google Play

アルバムの封入に記載の
シリアル NO.を入力して当日ご参加ください。
※現在はまだ参加はできませんが事前にOPENRECの無料会員登録は済ませておいてください。


参加はこちら

GUEST

DJ RYOW

DJ RYOW

名古屋を拠点に活動するヒップホップDJ/プロデューサー。岐阜県大垣市出身。
DJとしてのキャリアは20年超のベテランで、国内ヒップホップシーンの重要なポジションを担う。
総勢24組の豪華アーティストが集結したニューアルバム「DREAMS AND NIGHTMARES」好評発売中。

ZORN

ZORN

東京下町、葛飾区レペゼン。
ULTIMATE MC BATTLEやB-BOY PARKなどのMC BATTLEで好成績を残し、これまでに、自主制作1stアルバム「心象スケッチ」(限定、現在は廃盤)、2ndアルバム「The N.E.X.T.」、E.P.「ロンリー論理」、3rdアルバム「DARK SIDE」をリリース。
2014年、般若率いる昭和レコードに加入、ZORNと名を改め4thアルバム「サードチルドレン」をリリース。
10月26日には初のワンマンLIVE@渋谷WWWを成功させた。
2015年、5thアルバム「The Downtown」をリリース。
2016年、6thアルバム「生活日和」をリリース、年末には渋谷WWW XにてワンマンLIVEを行った。
2017年、春にそのワンマンLIVEを収めた初のLIVE DVD「おゆうぎかい」、EP「なにか+1」を、秋には7thアルバム「柴又日記」、年末にベスト盤的MIX CD「Anthology」と映像集DVD「Collection」をリリース、恵比寿LIQUIDROOMでワンマンLIVEを行った。
2018年、春にそのワンマンLIVEを収めたLIVE DVD「お父さんといっしょ」、昭和レコードの盟友:般若、SHINGO★西成とのアルバム「MAX」を発表しツアーを敢行、その模様を収めたLIVE DVD「LIVE MAX」をリリース。
2019年春には8thアルバム「LOVE」をリリース、ツアーを行い、かつしかシンフォニーヒルズでのワンマンを成功させた。
そして、ツアーの終了と共に昭和レコードを脱退。

R-指定

R-指定

大阪府堺市出身のラッパー。中1で日本語ラップと出会い、中2からリリックを書き始める。
高2で足を踏み入れた梅田サイファーの影響でバトルやライブ活動を開始する。
日本最高峰のMCバトルULTIMATE MC BATTLE(以下UMB)大阪大会にて5連覇を成し遂げ、2012年、2013年、2014年の全国大会UMB GRAND CHAMPIONSHIPで優勝し全国3連覇を成し遂げる。
そして2014年、自身初となる1stアルバム【セカンドオピニオン】をリリースする。
MCバトルの戦歴からは想像できないほど内向的で卑屈、HIP-HOPとはあまりにもかけ離れたバックボーンとパーソナリティー故に生まれた強烈な劣等感を創作/表現活動の源としている。 曲では幅広いトピックを扱い、独自の切り口から様々なアプローチを見せる。誰もが持つ負の感情を時には武器に、時には笑いに、時には哀愁にも変えてしまう多彩な歌詞世界が特徴。DJ、トラックメイカー、ダンサーと様々な顔を持つ器用な同業者が多い中、ラップという表現一つで無数の表情を見せることができる希有な存在である。

IO

IO

総勢16名のヒップホップクルー、KANDYTOWN(キャンディタウン)のIO(イオ)が、世界的ヒップホップ名門レーベル、Def Jam Recordingsからの1stアルバム『Player’s Ballad.』が6月19日にリリース。
『Player’s Ballad.』は、全13曲を収録。ストリートな面やロマンティックな一面、そしてソウルフルなサウンドなど様々な影響を落とし込み、KANDYTOWNともまた一味違う、IOオリジナルスタイルを具現化している。
また、アルバムのアートワークは、カルチャーを牽引すべく、洗練されたデラックス仕様(チャック付き袋入り)、CD、ステッカー、フォトカードなどがクリアなパッケージにより可視化できるユニークなアートワークとなっている。

MC TYSON

MC TYSON

1991年5月9日生まれ。
大阪市住之江区出身のラッパー。
AK-69 , MACCHO, TOKONA-Xの日本語ラップを耳にしラッパーを志す。
エジプト人の父親と日本人の母親を間に生まれ、日本語・英語・アラビア語をネイティブに操るトリリンガル・アーチストとしても希有の存在。関西を含む西日本において「大阪若手ラッパーの大型ルーキー」「浪速のフレンチモンタナ」として知られ、今最も注目を浴びる91年世代の代表ラッパーそれが「MC TYSON」だ。
2012年に発表された代表曲「I HAVE A DREAM 」がYOUTUBE 日本語ラップチャンネルにで驚異的なヒット数を記録しそれが引き金となり一躍全国にその名を轟かせる事になった。全国各地で積極的に活動の場を広げ、「呼ばれれば世界中何処にでも行く」と公言した通り、アジアの中心都市、上海でもライブを経験、その余波はバンコク、香港等アジアの各主要都市へも飛び火する。2015年下半期に発表された大阪発全国区の人気レゲエクルー「TAKING OVER」主要メンバーのSHADYを客演に迎えた「Bling Bling Girl feat. SHADY」では、iTunes HIPHOPチャートでベスト1を獲得、話題沸騰となる。それによりMC TYSONの知名度はHIPHOP界のみならず、日本全土のレゲエシーンにも刻まれることとなった。MV「Bling Bling Girl feat. SHADY」も若手ながら再生回数約30万回を突破。2016年6月にはシンガポールツアー、2017年7月にはフィリピンの首都マニラにてクラブサーキットツアーを開催するなど、アジアからも注目されるようになった。
1stAlbum “THE MESSAGE”では世界のレジェンドDJ “DJ HONDA”をプロデューサーに迎え客演にSIMONを起用しニューヨークナイズドされた楽曲制作にも幅を広げて行くようになった。
2017年にはアメーバTV企画の新ヒップホップライブバトル番組”SMASH HIT”にてJAPANESE HIPHOP KING "AK-69"に認められ番組にて共同で楽曲を製作し見事ライブバトルで勝利を納めた。
その勢いを止める事無く、 今夏待望の2ndアルバム『The Message2』をリリース。

¥ellow Bucks

¥ellow Bucks

1996年生まれ岐阜県高山市出身
2019年1月AbemaTVラップスタア誕生で優勝を果たし、SNSを中心に活動をし、同年10月にドロップした2nd EP「Excuse Me」は大絶賛。
12月にはDaiki Bluntと共に「To The Top X'mas with O.T.E. BOYZ CLUB」をリリース。
2019年、日本のHIPHOPシーンを掻き回した¥ellow Bucks。
独自のセンスとスキルでToTheTopGangと共に2020年も活動の幅をどんどん広げる。東海エリアのヤングトウカイテイオーが新時代2020もより大きなムーブメントを起こし続ける。
#TokaiNewSchool

SWAY

SWAY

1986年6月9日に北海道札幌市出身。
2014年6月に結成された、4MCと1Vocalの男性グループ「DOBERMAN INFINITY」のメンバーとしてMCを担当するほか、2016年4月15日に結成されたグループ「HONEST BOYZ」、HiGH & LOWで結成された「MIGHTY WARRIORS」のメンバーにも抜擢される。
またソロとしても多くのビックアーティストに客演参加し、ラッパーとしての活躍はもちろん、劇団 EXILEのメンバーとして多数の舞台出演の他、映画「クローズ EXPLODE」「HiGH & LOW THE MOVIE」「ホットロード」、日本テレビ系ドラマ「HiGH & LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~」「ワイルド・ヒーローズ」等に出演。デザイナーとしてもDOBERMAN INFINITYのCDジャケット、グッズを始め、北海道日本ハムファイターズや、NEW ERA等とのコラボアイテムをデザインし商品が即完売となり、クリエイティブユニット“N0IR”(ノアール)の中心メンバーとしてリーボックとのコラボスニーカーを発売する等、マルチクリエイターとしての才能を発揮している。その多才さを活かした幅広いクリエイティブワークスで多くのプロップスを得てきたSWAYのInstagramのフォロワー数は現在68.1万人、Twitterのフォロワー数は現在43万人と日本のアーティストとしてはTOPクラスの人気を誇る。

SWAYは、新世代バイリンガル・ラッパーとしては代表的存在であり、彼の声の華やかと、フロウ・スキル、スタイリッシュさは国内において他を圧倒している。またラッパー兼俳優というスタイルと、ファッション業界でもアイコニックな存在になりつつある彼の次のアクションに、日本中が注目しているほか、世界標準のアーティストとしての成功の可能性に満ちている。
2017年11月1日に1stシングル『MANZANA』でソロデビューし、2018年8月29日にはソロアーティストとして1stアルバム『UNCHAINED』をリリース。2019年12月18日にリリースされたシングル『Angels』は絶賛配信中。

GOODS